かおそり・おーべるじゅ「お美顔利休ジャポネイゼ」 小さな小さな和室のシェービングサロンです。

暑い陽ざし

                       バラの恵みで美しく
a0094140_1371424.jpg

急に夏日になってきました。

いよいよ夏本番に突入!の気分。

暑い季節は暑いなりに楽しむ事を考えましょう。

「バラの酵母の作り方」
とある居酒屋さんに行ったとき、帰り際ふと眼に止まった小冊子。
何々、ナチュラルライフの見本帖「オークン」?

へぇ~、こんなおしゃれな冊子が居酒屋さんに・・

中を見てみますと、やっぱりおしゃれ☆
その中でちょっと興味をそそったのが

簡単に楽しくできる酵母作り。

「皮膚も体の器官のひとつ。実は口に入れるより、皮膚からのほうが吸収しやすいのです。バラ酵母は、もちろん飲んでも大丈夫なものなので、赤ちゃんから大人まで安心して使えます。」

ふむふむ、酵母ってからだにいいのは聞いてたけどバラで酵母をつくるなんて・・

そこで、レシピを公開しちゃいます。

<用意するもの>
900mlのガラス瓶(密閉できるもの)、有機栽培のバラ約9~10本、水(できれば
浄水器にかけたもの)適量

1.空き瓶を鍋で煮沸消毒して、自然乾燥させる。

2.バラの花びらを軽く水洗いしながら、手早くびんの中に入れ、水を口いっぱいまで注ぐ。おしべやめしべの部分も加える。空気を入れないように、フタはしっかりと閉める。

3.フタを開けずに冷蔵庫で3日間、その後常温に2~3日置き、バラの周りに気泡がでてきたら1日に1回はフタを開けて、香りが強くなってきたら使い時。その後は冷蔵庫で保存します。

・・・出来上がり~。

バラの香りで癒されながら、スキンケア出来るかも。

化粧水として、またはヘアオイルとしてキャリアオイル小さじ1弱、酵母20ccを混ぜて使うと贅沢なケアオイルになりますよね~♪

新鮮なバラが手に入ったら、ぜひトライしてみてくださいね♪
[PR]
by ahairs | 2008-07-11 13:07 | カンパーニュ ライフ