かおそり・おーべるじゅ「お美顔利休ジャポネイゼ」 小さな小さな和室のシェービングサロンです。

幻想的な光の輪

                 ペンダント・ライトの造る芸術
a0094140_214515.jpg

今日も割りに暖かな一日。でもお天気はいまいちでしたが・・
今夜ブライダルの花嫁さん、雨が降らなくて良かったですね。
キャンドルに照らし出されるブライダル・シーン、感動的です。
来年はわたくしもいろいろ結婚式場を見学に回ってみたいと思っています。
実際の結婚式は御呼ばれが無い限り無理ですから式場の体験デーかなにかで
イベントがあったとき参加したいと考えています。
ブライダル・セラピストとしてもっと学びたい事がいっぱいです。

トルコ製ランタンに引き続き登場したのが、イラン製ペンダントライト。
このところアジアづいてますがあちらのものも実に奥深いですね~。

そして明かりをつけて驚いたのが天井に映し出される神秘的な模様。

まるで孔雀の羽かダリアの花びらか・・

たぶん光を受けた時に映し出される模様を計算して造られているような感じがします。
芸術的なセンスの良さってこういうことなんでしょうか?

昨夜TVの番組でCMクリエイターっていうんでしょうか、数々の売れてるCMを手がけている
人が登場しまして、売れるCMのコツは?というと

「引いて見る。」ことだそうです。

その商品を印象付けるには商品自体をバーンと大きく見せるより周りの全体像をみせる、
つまり「引いて見る。」ことで視聴者の生活に訴える・・らしいです。

なーるほど、何に対してもそうかもしれない。
引いて見る・・少し距離を置く事で違って見えることも多いのでは。

以前一度は泊まってみたい!と憧れてやっと泊まったプチホテルで伺った事がありました。
長野のKASUKE山荘。いつもインテリアの雑誌に取り上げられていてとても素敵。

「素敵に小物を飾るには何かコツがあるんですか?」
「まず、置いてみる。それから考える事ですね。」
センスは磨くもの・・とも仰っていました。

もっともっとセンスを磨いて素敵に歳を重ねていきたい・・うーん楽しみ♪
[PR]
by ahairs | 2006-12-16 21:04 | カンパーニュ ライフ